超能力小学生

No.006-4 2015-3-1

第6回-4 エスパーテスト 解説

前回のお話へ
次回のお話へ
  エスパーテスト 全解説

1.身内(みうち)の死を予感(よかん)したことがある。  
2.電話に出る前に、相手(あいて)がだれだかわかったことがある。  
3.はじめての場所なのに、前から知っていたような気がするときがある。  
4.外出をやめたら、行き先で事故(じこ)があった時がある。  
5.不正(ふせい)をしていないのに、じどうかいさつ口のブザーがなるときがある。  
6.ふつうに使用(しよう)していても、電化製品(でんかせいひん)がこわれやすい。  
7.いけてある花、植木などのしょくぶつがかれやすい。  
8.テスト1 せんめんきなどに花びらをうかべて、手のひらで花びらを自由に動かす事ができる。  
9.テスト2 スプーン曲げができる
10.テスト3 時計の針(はり)にふれずに誘導(ゆうどう)して動かす事ができる。   

★さて、みんなは何点取れたかな??★     
0点・・・常識(じょうしき)にしばられすぎていますね。本で読んだ事、活字(かつじ)でかかれた事をもっとも
信用していますね?もしかしたら、クラスの成績がトップクラスかな?科学だけがばんのうと考えていませんか?
ざんねんだなあ・・・  

2点まで・・・日常生活(にちじょうせいかつ)の中で必要な超能力は備わって(そなわって)いるようです。でも、もっと、
「かん」をはたらかせたら、もっと成績がよくなりますよ。  

5点まで・・・必要(ひつよう)以上に力はありますがエスパーというにはちょっと力が弱いですね。でも、訓練(くんれん)
しだいであなたもエスパー一年生になれる!  

7点まで・・・エスパージュニアですね。その力を利用すれば身近(みぢか)なことの予知(よち)はできると思いますが、
そのエネルギーゆえに、物をこわしたり、物にアレルギー反応を起こしてしまったりの不便(ふべん)さもあることでしょう。
訓練すれば、不便は克服(こくふく)できるはずです。 10点まで・・・超能力者のうちに入るのではないでしょうか。
ただし、訓練しだいで、みんなもここまで到達(とうたつ)できます。修験者(しゅげんしゃ)などはこの域(いき)に達しています。

実は、1から10まではだんだんにむずかしくならべてあります。
だから、単純(たんじゅん)に点数だけでは能力は決められません。 7点取れたら、合格です!!
          
          270301(0041220-14)    


                   
ほんとにあった怖い話トップに戻る

このページの先頭に戻る