超能力小学生

No.006-3 2014-12-4

第6回-3  エスパーテスト 解説2

前回のお話へ
次回のお話へ
  エスパーテスト 解説No.8まで(9.10は解説不要です)

           No.5からの問題再現(もんだいをもう一度出す)とお答えの解説(かいせつ)
      (大人の人用に作ったテストです、と書きましたね。解説も長いけど、読んでね)

      



         5.不正をしていないのに、じどうかいさつきのブザーが鳴る時がある。


         6.ふつうに使用していても電気製品がこわれやすい。

         7.活けてある花、植木などの植物が枯れやすい

         8.テスト  洗面器などに花びらを浮かべる。手の平で花びらを
                 自由に動かす事が出来る。

         9.テスト スプーン曲げが出来る。

       10.テスト 時計の針にふれずに、ゆうどうして動かす事が出来る。

       解説

       5-7はあなたの肉体の霊的エネルギー度の強さを調べるものです。超能力者は霊的エネルギーがあって
       力をはっきできるのです。
       おすもうさんやプロレスラーの持つ肉体エネルギーではありません。
(      (手当て)、というように手には特別の霊的エネルギーが集まっています。
      その力を試してみよう、というのがこのテストです。
      いしきして手にエネルギーを集めてやってみましょう。
      8と同じですが、これは無心の心が必要なので、子供の方がかんたんにできるようですよ。ここまで来ると念力
      (ねんりき)になります。8の力と同じ力が必要なので、とてもむずかしい超能力しんだんテストです。

        さて、超能力テストにはまだまだいろいろありますし、もっとむずかしいテストもあります。
       例えば、4枚引いたトランプの数をすべて揃えたり、 読めたり。けれど、ふつうの人には、それらがいつも可能と
       いうわけにはいかないのです。100回に一回や1000回に一回では、偶然と言われてもしかたありません。

       今回のテストでは、少なくも1-10までクリアできる人がいたら、もうその人は超能力者と呼んでも良いのではないか、
      というテストを出しました。
       なお、やって見ておわかりのように、超能力は訓練しだいで、ぐんぐんはっきできるようになります。そしてまた、日に
      よっても、時間帯によっても力のはっき力が違います。そこが、心霊能力と違う点1です。
       超能力は、(事故をさけるため)、とか、(身内の危険をさっち)、したり、の自分を助けるために必要なのです。
       霊能力は人間に対して発揮するものですが、超能力は自然や物理に対してはっきするものです。それが心霊能力と
       違う点2です。

      もちろん、世界的な超能力者だったら、地震(じしん)や噴火(ふんか)を予知したり、ゆくえ不明者のいる場所をしてき
      して人々を助ける事ができると思いますが、
      いつも、そこまでの力がはっきできる超能力者はほとんどいないのではないかな。

      万能(ばんのう)の超能力者がいたら、子どもがとつぜんいなくなって悲しんでいるお父さん、お母さんがどんなに
      喜ぶか知れない。

      一つ一点、として、あなたは何点取れたかな?次は得点のかいせつを書きます。

          261204-20120724-11(0041213-13-all118)    


                   8-11--115-0041204
ほんとにあった怖い話トップに戻る

このページの先頭に戻る