超能力小学生

No.006-2 2014-5-29

第6回-2  エスパーテスト 解説1

前回のお話へ
次回のお話へ
  エスパーテスト 解説No.4まで

解説

 1.
人間は実は誰にでも超能力(ちょうのうりょく)がそなわっています。文明が発達して
 その能力を使用しなくてもry'>良くなって、しぜんと、たいかしてしまいました。

 良い例が視力です。未開地の人たちは8.0、視力があったりするそうです。でも、わたし
 たちは、そんなに視力がなくても、メガネもあるし、ぼうえんきょうもある。自転車でも
 車でも、その近くまで、あっという間にとんでいって、見ることが出来ますものね。
 第一、都会では高いビルにさえぎられて、遠方なんかもともと、見えませんよね。

 けれど、身内や親しい間柄の人から飛んで来たSOS(エスオーエス)のメッセ
 ージを受け止める能力、つまり、テレパシーは残っています。
 ですから、かなり多くの人が体験していると思います。
 身近な人の悲しみなどを感じ取れる能力が残っているなんて、(人間)って、やっぱり、
 すてきな動物ですよね。

2.
同じような理由で、体験者は多いでしょう。電話をしてくるということは、あなたに伝えたい
  物事、気持があるからですし、それをキャッチできるなんて、これも(人間ばんざい)の能力ですね。

3.
これは霊能力的に言いますと、デジャビュ、といって、既視体験(きしたいけん/すでに
 その地のこと、知ってるよ、見たことあるよ、行ったことあるよ感覚)でときます。

 つまり、あなのた遺伝子(いでんし)が、せんぞのおじあちゃんやおばあちゃんがそこに
 行った事を覚えていて、先祖からみゃくみゃくと続いて来た血が反応(はんのう)するの
 でしょう、ということになります。

 しかし、超能力解説で言いますと、あなたの夢、その他で、すでにその場所を訪問する事
 を知っていた、前もってね。つまり(予知していた)、という事になります。

  ちょっとむずかしいことを書きますと、うちゅうは、時間がぐるぐる回っている、と言われます。
  過去から未来へ、未来から過去へ、それは水車のはぐるまのようにくるくる回っている。
  その、これから来る時間帯のできことを見やぶっている、見通しているのだ、という事になります。

4.
これも予知能力の一種です。自分にかかわりある事件を予知したのです。
 動物と同じように、ぼうえいほんのうが働いて、危険をさっち(つかまえた)したのですね。

 これを霊能力的に言いますと、あなたの守護霊(しゅごれい)、つまりあなたと同じ血が
 流れていた先祖が、あなたをどうようさせて、そこに行かないようにしむけてくれた、
 ということになりますね。


                   8-11--115-0041204
ほんとにあった怖い話トップに戻る

このページの先頭に戻る