超能力小学生

No.004 2014-4-6

第4回 キルリアン写真

前回のお話へ
次回のお話へ
 ◇キルリアン写真     
          

 まえに、正四角錐(せいしかくすい・四つの三角の面がちょうてんであわさって
とうを作ったもの)であるビラミットパワーの話を書きました。

ビラミットのとうの下では、生物はくさることなく、ミイラのようになります。

その理由(りゆう)はとうのちょうてんが、
宇宙(うちゅう)からの力(パワー)を受けるせいではないか、と考えられています。

今日はキルリアン写真のお話です。
 
宗先生は、ずっと前、「レイライン」という
超能力者(ちょうのうりょくしゃ)のネットワークを開いていました。

その会には、有名な超能力者の人もいましたが、
みんなわいわいがやがや、超能力を出そうとためしたり、
よろこんだり、楽しんだりしていました。

えばった人は一人もいなかったし、
お金を出し合ったりとか、集めたりする会ではありませんでした。
しゅみの会だったんです。

そこでは、あやしげな?見たこともない?ふしぎな?器械(きかい)も持ち込まれて、
みんなで人間のかくれた能力、超能力をかんていしよう、などというこころみもなされました。

今では、世界でみとめられているキルリアン写真そくていきも、
そのとうじ、やすし君というお兄さんが持って来てくれました。

キルリアン写真というのは、人間の持つ気の力、
つまりエネルギーをはかる器械(きかい)でした。

元気な人の手をキルリアン写真でとると、
なんと、指先(ゆびさき)から、矢のような光が出ているのが見えるのです。
反対に元気の無い人の指先からは、丸っこい光がかすかに見えるだけなんです!!

さて、君の手をキルリアン写真でとると、どんな光が写るかな!?



               


                   06-48-0040629
ほんとにあった怖い話トップに戻る

このページの先頭に戻る