超能力小学生

No.002 2014-3-2

第2回 超能力テスト

前回のお話へ
次回のお話へ
 ◇今日は超能力テストです。
            

                   1. 電車のじどうかいさつを通るとき、きっぷは正しいのに
                      鳴ってしまうことがある。

                   2. 正しく使っているのに、ゲームなどの電気せいひんが
                      こわれやすい。

                   3. 君の近くにおくと、買ったばかりの花がすぐかれてしまう。

                   ためしてみよう。
 
                   4. せんめんきに花びらを浮かばせた後、花びらにふれないで
                      花びらを自由にうごかすことができる。

                   5. わりばしの一本を友だちに両手で持ってもらう。そのわりばし
                      をめいしかカードにピシリと当てて、二つにわることができる。
.

                  
                   ◇宗せんせいの解説

                    

                   人間も動物ですから、超能力(ちょうのうりょく)があります。アフリカの方の現地人は、視力が8.0
                    あるそうです。

                   「そんなにひつようないよ。メガネがあるもの。ぼうえんきょうがあるもの」
                    そういう声が聞こえてきそうですね。発明、発見、科学の力ですね。

                   現代人は科学の発達で生まれつきの能力を失ってしまったのでしょうか。

                   でも、まだまだ残っているようですよ。きけんを予知する霊能力という名前の動物的かん、
                   や、火事場(かじば)のばか力、といって、火事の時には、いつもは持てないはずの
                   重い金庫(きんこ)を持ってしまったりの、ふしぎな力が。

                 1-3はだれにでもある超能力(ちょうのうりょく)です。
                   人間の体には電気のようなものがあり、それが、この場合の超能力のしょうたいです。
                   強いか弱いか、は、でんちがいっぱいあるかないかだけの差です。

                   じゅうでんする方法、超能力を強くする方法もありますが、それはまたの機会にお話しましょう。

 
                 4,5は試してみるかちがありそうですよ。

                      4はおふろばでじっけんしてごらんなさい。
                      5はむずかしそうに見えますが、あんがいできるようになりますよ。

             
               
             040422         
ほんとにあった怖い話トップに戻る

このページの先頭に戻る